アフガナイトタイトル

https://itoishi.com

アフガナイト afghanite

基本情報

  • 色: 青、白
  • 屈折率: 1.523~1.529
  • 化学組成: (Na、Ca、K)8Al6Si6O24(Cl2、SO4、CO3)
  • 硬度: 5.5~6
  • 密度: 2.55~2.65
  • グループ: 三方晶
  • 産出場所: イタリア、アフガニスタン

地球の地殻の75%近くを占めている

カンクリナイト/テクトシリケート(テクト珪酸塩)のカテゴリーに属し、

ソーダライトグループの仲間です。

 

へき開性という鉱物特有の性質みたいなものがあって、

このアフガナイトはその性質が「完全」というものにあたります。

すなわち、「こつん」と衝撃を当ててはいけない方向に当ててしまうと、

「パカっ」と割れてしまうのです。

 

出どころ

1968年にアフガニスタンのラピスラズリ鉱山で発見され、 その国にちなんで名付けられました。 ラピスラズリと鉱山鉱脈で取れますが、 ラピスラズリに対して圧倒的に産出量が少ない石です。

アフガナイト原石

アフガナイトの細かい結晶群

画像のように、細かい結晶が岩の表面に付着して、結晶自体の成長が比較的小さいため、

内包物の少ないカット石になると、なかなか1ctを超えるものはありません。

ソーダライトやラズライトなどと一緒に採掘されますので、

混同されることの多い宝石でもあります。

現在では、アフガニスタンだけでなく、

ドイツ、イタリア、パミール山脈、タジキスタン、

シベリアのバイカル湖、ニューヨーク、ニューファンドランドの近くからも

採掘はされていますが、これも少量です。

どのレアストーンでもいえることですが、透明度の高いものはどうしても小さくなります。

しかし、色味や内包物を楽しむのも石の醍醐味だと考えます。

 

見どころ

ラピスラズリ自体が様々な鉱物が混合した石ですので、

このアフガナイトもラズライトを内包したり、

その逆であったり、様々なバリエーションの内包物が、楽しめる石であったりします。

サファイヤにも似た深みのあるブルーが特徴的で、サファイアの硬度の違いから、

そのブルーは落ち着いた独特の色合いを持ち、ブラックライトで蛍光します。

在庫紹介

0.412ct 魅惑的なレアブルーカラー アフガナイト

クリックすると拡大画像が見れます。 0.412ct 魅惑的なレアブルーカラー アフガナイト(日本宝石科学協会ソーティングメモ付) 魅惑的なサファイアブルーカラーのレアストーン天然アフガナイトの宝石ルー ...

続きを見る